低山を歩いています

低山登山・トレッキングのブログです。

蓼科山

歩き慣れてきたら、八ヶ岳に行ってみたいと思っていました。

とはいえ、ガイドブックや高原地図でも上級者向けを示す山が多いのも事実で。

初心者向けというと、蓼科山が登りやすいようです。

蓼科山は、厳密には「八ヶ岳」ではないのでしょうけど、連峰の中には入るはず。

ということで、行ってきました。

 

f:id:yoshi_10:20170814190414j:plain

 

先般の台風からずっと天気が悪く、せっかくのお盆も天候はイマイチ。

ヤマテン・てんきとくらすなど、各種予報とにらめっこでしたが、

8/13なら悪くなさそうでした。

ヤマテンでは、高層は朝から晴れ、低層も日中には雲がとれるという

ニュアンスでしたので、展望を期待して出発。

 

しかし、中央道を走っている最中から、小雨模様。

中央道を降りた後、八ヶ岳が近づくほどに、雲が厚くなっていきます。

これは天気予報より悪くなりそう…やや凹み気味のテンションで登山口へ。

7合目登山口には7時前に到着しましたが、駐車場はかなり埋まっていました。

 

f:id:yoshi_10:20170814190413j:plain

天気は引き続き霧雨時々小雨。

事前に調べる限り、しばらく樹林帯歩きなので、ソフトシェルでしのげそう。

雨具は暑いので…パタゴニアのフーディニを羽織ります。

しかし、すぐに脱ぎました。

さほど濡れないし、何より暑くて、汗のほうでビショビショになる!

相変わらず、服装の判断がうまくありません。

 

将軍平までは岩登りはなく、通常の登山道でしたが、中小の石が多く、

足元は要注意でした。

人の多いルートなので、小石を転げ落としてもよろしくなく、

いつも以上に慎重になってしまいます。

f:id:yoshi_10:20170814190415j:plain

 

1時間と少しくらい歩くと、道の先に空が見え、将軍平かな…と思ったら、

その通りでした。

蓼科山荘はちょうど開店準備中という感じでした。

青空も少し見えていて、天気の好天を期待せざるを得ない状況。

ただ、残っている雲がモクモクしている感じで、「これはダメかも…?」

という不安も。

f:id:yoshi_10:20170814190416j:plain

f:id:yoshi_10:20170814190417j:plain

 

将軍平から先は、大きな岩の続く岩登りのはずなので、ストックはリュックへ。

手を使うはずだから、もちろん薄手のグローブも。

ところが、他の方たちは素手も多くいらっしゃって、何か恥ずかしくなりました。

気合入りすぎ…みたいな格好だったかもしれません。

でも、帰りの車の運転もありますし、擦り傷・切り傷もイヤなので、仕方ない。

 

実際、かなり両手を使って、体を支えていたと思います。

岩登りに慣れていれば、スムーズに体を運べるのかもしれませんが、

大きな岩が長く続く登山道は初めてでした。

高原地図のコースタイムは40分でしたが、私は60分をかけました。

慣れていなくて慎重だったのが、時間のかかった原因と思います。

 

f:id:yoshi_10:20170814190418j:plain

蓼科山頂ヒュッテが見えたら、いよいよ山頂!

空は灰色でした…

しかし、1時間も岩の登山道を登ったのは初めてなので、達成感ありあり。

 

想像以上に広く、岩だらけの山頂だったので、面食らいました。

f:id:yoshi_10:20170814190420j:plain

f:id:yoshi_10:20170814190419j:plain

f:id:yoshi_10:20170814190421j:plain

 

エネルギー補給をしつつ、天気の好転を待つか思案しましたが…

風がなく、じとじと湿って暑いうえ、虫が多い。

ほんの一瞬明るくなることはあっても、そもそも雲の切れ間も見当たらない。

車の運転中、天気予報で、関東甲信は夕方には雷雨の可能性を示唆していた。

よし、帰ろう!

好転より悪化のほうがこわいので、20分ほどの休息で下山開始。

 

登ってきた大きな岩たちは、下りのほうが大変なんですね…

登りは手で体を支えつつ足を動かせますが、下りはまず足を置かないといけない。

どこに足をおいても、泥濘でついた泥のせいで、足を置いた岩の表面がよく滑る。

幸い、転ぶことはありませんでしたが、転んだら岩に腰やらぶつけるので、

痛そうだ…

 

登ってくる人も多かったので、通過待ちの時間もかなりあって、

下りはコースタイム30分に対し、45分かかりました。

将軍平についたころには、空は灰色。

f:id:yoshi_10:20170814190422j:plain

 

蓼科山荘でアイスを売っているようです。

帰りの八ヶ岳PAでソフトクリームを食べる…甘いもの取りすぎはよくない…

山小屋のアイスは別腹…さんざん迷って、やめました。

でも、食べればよかった…今回の登山はあまりよい思い出がなかったのだし。

 

将軍平からの下りは、大きな岩こそないですが、中小の石・岩の上を歩くので、

これもまた滑りやすい。

こけなくてよかった、と思うくらい、冷や冷やしました。

f:id:yoshi_10:20170814190423j:plain

 

11時30分には、無事、7合目登山口に到着しました。

7時30分出発、山頂で20分休憩をとって、11時30分下山なら、

悪くないペースではないかと思います。

 

帰りも蓼科の麓までは霧でした。

さすがに市街地では晴れていましたが、南アルプス八ヶ岳は雲の中。

山の天気は予想しづらいと言われますし、こういう日もあるのでしょう。

 

秋に向けて、八ヶ岳ビギナールートを研究中です。

編笠山はよさそうですが、他はルートが実に多彩ですね。

どれが初心者向けなのか、実に悩ましいです…

他の山をもっと歩いてからのほうがよいのかもしれませんね。

櫛形山

花や紅葉など、特定の時期に見どころのある山は、やはりその時期に

登りたいと思いますが、今回はアヤメの時期にあたる櫛形山です。

f:id:yoshi_10:20170723133108j:plain

 

登り口はいくつかあるのですが、トレッキングコースとしては

池の茶屋登り口からスタートするのが一般的のようですね。

ただ、川崎からだと中央道からの道のりが長く、駐車場に空きがあるか、

やや不安がありました。

南アルプス市側のウッドビレッジ伊奈ヶ湖であれば、駐車場も広く、

そこまで混雑しないようなので、今回はこちらから登ることに。

 

中尾根から登り、アヤメ平を経由して、北尾根で下る周回コースに

しましたが、標高差は約1,100メートルで、自身では最大の標高差です。

予想通り、きつい山行となりましたが、楽しくもありました。

 

ウッドビレッジ伊奈ヶ湖側の登山口は、周囲に多くの自然体験施設があり、

トイレも簡易なものではなく、しっかりしています。

盛夏はあまり簡易トイレは使いたくないので、とてもありがたいです。

f:id:yoshi_10:20170723130719j:plain

f:id:yoshi_10:20170723130720j:plain

f:id:yoshi_10:20170723130721j:plain

 

微妙に字が薄くなっていますが、こちらが中尾根登山道の入り口です。

アジサイがまだ咲いていました。

f:id:yoshi_10:20170723131119j:plain

 

少し進むともう一度分岐し、登山道へ。

植林の登山道という、よくあるパターンの出だしです。

f:id:yoshi_10:20170723131120j:plain

f:id:yoshi_10:20170723131358j:plain

 

登山道はとてもよく整備されていて、歩きやすいものでした。

中尾根はアップダウンがほとんどなく、一貫して登っていきます。

急登というほどではありませんが、なかなかにタフでした。

特に困ったのが、虻だと思うのですが、足をとめるとすぐにまとわりついてくる虫。

虫よけでパーフェクトポーション(ハッカ)を繰り返しつけていたのですが、

効き目がなく、とにかく行動し続ける必要がありました…

 

標高をあげていくと、植生が変わって、自然林に入っていきます。

緑が鮮やかで、心地よいです。

 天気は雨の不安こそありませんでしたが、標高をあげるにつれ、ガスに…

とはいえ、展望がほとんどなさそうな樹林帯歩きでしたので、問題なしです。

f:id:yoshi_10:20170723131359j:plain

 

f:id:yoshi_10:20170723131724j:plain

 

75分ほどで林道に出会いました。

高原地図では90分と表記されていますが、少し甘めの記載かもしれません。

道を隔てて、向かい側に登山道が続いています。

f:id:yoshi_10:20170723131725j:plain

 

引き続き、歩きやすい登山道です。

ここまでと同様、アップダウンが少なく、ほぼ登り基調。

それだけに、トレイルランナーの方がすいすいと駆け上がるのは、圧巻でした。

私は久々にがっつり登山で、心身ともにきつかったです…

 

林道から1時間ほどで、ほこら小屋(避難小屋)に到着。

ここにはトイレ・水場がありました。

水場は小屋の裏に続く道を少し歩く先の沢です。

空いたペットボトルに水を補給しましたが、とても冷たい水でした。

f:id:yoshi_10:20170723131839j:plain

 

ここまで、とにかく虫に追い立てられていたので、休憩がしっかり取れていない…

エネルギー補給・食事にも絶好なので、小屋を利用させて頂きました。

f:id:yoshi_10:20170723132235j:plain

f:id:yoshi_10:20170723132434j:plain

 

本当にきれいな小屋でした。

宿泊しても快適そうです。

30分ほど食事・休憩をとりましたが、気が付くと、冷えた汗で寒さを感じました。

ここの時点で2000メートル近くあり、室内は20度ほどでした。

 

 

小屋を出ると、すぐに櫛形山山頂とアヤメ平の分岐に着きます。

ここまでで結構な体力消耗をしていて、展望がないという山頂に往復で約1時間。

ピークハントはすっぱりと諦め、花の多いという裸山経由アヤメ平直行にします。

f:id:yoshi_10:20170723132436j:plain

 

高原地図では、小屋・山頂・アヤメ平辺りの分岐がわかりにくいですが、

分岐になっているバラボタン平は、あまり広くありません。

指導標もしっかりしていて、迷うことはありませんでした。

f:id:yoshi_10:20170723132437j:plain

 

この分岐から、裸山に向かいました。

やはりしっかり整備された登山道が続きます。

ここからはサルオカゼが目立ってきます。

f:id:yoshi_10:20170723132604j:plain

f:id:yoshi_10:20170723132605j:plain

 

裸山に近づくと、ネットに保護された草地が現れます。

ようやくアヤメが見られるようになりました。

ただ、ピークは過ぎていて、枯れたものや力のないものが多かったです。

f:id:yoshi_10:20170723132910j:plain

f:id:yoshi_10:20170723132911j:plain

f:id:yoshi_10:20170723132912j:plain

f:id:yoshi_10:20170723132913j:plain

 

裸山のピークには、富士山と白根三山の展望があるようなのですが…ガスって

何も見えませんでした。

f:id:yoshi_10:20170723133109j:plain

 

裸山からアヤメ平に下りていく道すがらも、花が多く見られました。

こちらはアヤメだけではなく、いろいろな花が見られます。

ネットに囲われているのは、同じでしたが…どうも鹿の食害があるようです。

f:id:yoshi_10:20170723133110j:plain

 

f:id:yoshi_10:20170723133356j:plain

f:id:yoshi_10:20170723133357j:plain

f:id:yoshi_10:20170723133552j:plain

 

草地を過ぎてから、登山道をしばらくと、いよいよアヤメ平へ。

人も多くなってきて、やはり池の茶屋側からの登山客が多いことを実感。

アヤメを折って持ち帰る不届き者がいるようで、注意書きがいくつかありました。

f:id:yoshi_10:20170723133704j:plain

f:id:yoshi_10:20170723133803j:plain

f:id:yoshi_10:20170723133804j:plain

f:id:yoshi_10:20170723134005j:plain

f:id:yoshi_10:20170723134006j:plain

f:id:yoshi_10:20170723134140j:plain

f:id:yoshi_10:20170723134141j:plain

 

アヤメ平は北尾根登山道に直通しているので、北尾根より下ります。

しかし、この北尾根が予想以上にきついものになりました。

勾配が思っていた以上に急です。

f:id:yoshi_10:20170723134313j:plain

 

途中で木段も出てきて、足にこたえます。

f:id:yoshi_10:20170723134410j:plain

 

また、砂のようになった細かい土の路面に、中小の浮石が多数転がり、

さらにその上から多くの落ち葉が積もっていました。

そして、急勾配なので、少しでも集中力が途切れると、足を滑らせます。

それが延々と1時間以上は続きました。

 

なんとか無事に、休憩ポイントになるみはらし台付近まで下ることができました。

ここで、指導標もなく、地図にもない分岐が二ヶ所あって、困惑…

f:id:yoshi_10:20170723134414j:plain

 

ジオグラフィカで位置を確認すると、左が正しいようです。

下りてきたはずなのに、登り始める道なので、判断に迷ってしまいます。

ただ、右側はどうも林道に下りている様子が伺えますので、左へ。

 

f:id:yoshi_10:20170723134415j:plain

またすぐに分岐です。

ジオグラフィカでは右。

左は左でみはらし台に直通している感じですが、地図とは方向が違うので、

右でいいと判断。

先ほどの分岐を含め、結局はすべてみはらし台にたどり着くかな、という

印象でしたが、初めて来る山なので、まずは地図通りに歩くしかないです。

 

高原地図には明記されていませんが、みはらし台の上に、展望台と小さな

東屋がありました。

2回目の分岐の左側は、ここに通じていたようです。

ここのすぐ下がみはらし台です。

f:id:yoshi_10:20170723134649j:plain

 

ちなみにみはらし台からの眺望はこんな感じです。

そばの樹木が育ってしまったのか、見晴らせません…

f:id:yoshi_10:20170723134650j:plain

 

林道沿いに北尾根の続きがあります。

いいこと言った風の注意書きがありますが、写真であっても、盗んではいけない…

f:id:yoshi_10:20170723134651j:plain

 

標高を下げるにつれ、周囲のガスは晴れましたが、暑くなる一方です。

道も相変わらずで、歩きにくい…転ばないように最後まで注意が必要でした。

f:id:yoshi_10:20170723134652j:plain

 

約2時間で北尾根登山道の入り口に到達。

高原地図のコースタイムより少し遅いくらいでした。

下りの時間表記は、ビギナーでも参考になるようです。

f:id:yoshi_10:20170723134859j:plain

 

ここから15分ほど林道を歩いて、ウッドビレッジ伊奈ヶ湖に到着。

子供連れの家族が目立って多く、夏休み初日らしい雰囲気でした。

f:id:yoshi_10:20170723134900j:plain

 

アヤメのピークには間に合わなかったですが、それでも花は十分に楽しめました。

中尾根が歩きやすく整備されていて、秋に歩くのもよさそうです。

北尾根はみはらし台の駐車場からは登山客がそれなりにいるようですが、

そこから下はあまり歩く人がいないような雰囲気もありました。

登りなら急登、下りなら転びそうということで、個人的には北尾根は選択外…

 

今回、1100メートルの標高差でしたが、これが自分の行けるギリギリかなと

いう印象でした。

秋冬は荷物も増えるので、もう少し下げたほうがよいかなとも思います。

 

ウッドビレッジ伊奈ヶ湖 7:45

林道出会い 9:00

ほこら小屋着 10:05

ほこら小屋発 10:35

バラボタン平 11:00

裸山 11:25

アヤメ平 11:35

みはらし台 12:55

北尾根登山道入り口 13:45

ウッドビレッジ伊奈ヶ湖 14:00

 

車山高原

ニッコウキスゲを見るため、昨年8月以来の車山高原に行ってきました。

f:id:yoshi_10:20170716121329j:plain

 

3連休なので、高速道路の渋滞や駐車場の混雑を見越し、3時30分の

出発でした。

幸いなことに、渋滞は一切なく、今回の歩きはじめとなる霧の駅でも、

6時30分時点で十分な空きがありました。

 

霧の駅からビーナスラインに並行する園地歩道を歩き、車山肩を目指します。

f:id:yoshi_10:20170716115020j:plain

 

f:id:yoshi_10:20170716115359j:plain

f:id:yoshi_10:20170716115400j:plain

f:id:yoshi_10:20170716115401j:plain

 

空を見上げると、秋のようなうろこ雲が…ただ気温は高めでした。

f:id:yoshi_10:20170716115402j:plain

 

園地と呼ばれる一帯は、整備された自然研究路が通っていて、歩きやすいです。

もっとも、時期は時期ですので、かなり草が濃く、足元だけでなく、手や腕まで

朝露に濡れます。

草は生い茂っていましたが、花はあまりなく…ところどころで見かけるくらいです。

f:id:yoshi_10:20170716115403j:plain

f:id:yoshi_10:20170716115755j:plain

f:id:yoshi_10:20170716115756j:plain

f:id:yoshi_10:20170716115758j:plain

f:id:yoshi_10:20170716115759j:plain

 

群生してはいませんが、ニッコウキスゲも少しだけ見かけました。

f:id:yoshi_10:20170716115757j:plain

 

小鳥が近くにいましたが、全然逃げる気配なし。

虫を自慢げに咥えています。

f:id:yoshi_10:20170716115800j:plain

 

ビーナスライン側は視界が開けていて、多くの山々を展望することができます。

f:id:yoshi_10:20170716120509j:plain

f:id:yoshi_10:20170716120510j:plain

f:id:yoshi_10:20170716120707j:plain

 

車山肩が近づくと、重武装のカメラマンが目立ち始めます。

いよいよニッコウキスゲの群生地が近づいてきました。

歩道脇からですので、一眺することはできませんが、開花状況はよさそうです。

f:id:yoshi_10:20170716120835j:plain

f:id:yoshi_10:20170716120836j:plain

 

車山肩の群生地の景色は、素晴らしいものでした。

f:id:yoshi_10:20170716120837j:plain

f:id:yoshi_10:20170716120838j:plain

f:id:yoshi_10:20170716121327j:plain

f:id:yoshi_10:20170716121329j:plain

f:id:yoshi_10:20170716121330j:plain

f:id:yoshi_10:20170716121610j:plain

 

車山方向には数十名の団体一行がいて、ちょうど車山に登り始める様子。

そのあとをついていくのは、大変そうなので、今回は車山はパス。

昨年と同様、車山の湿原を通り、蝶々深山から物見岩を経由し、八島ヶ原へ。

f:id:yoshi_10:20170716121804j:plain

 

花はあまり見かけませんでしたが、緑が多く、心地よいハイキングになりました。

f:id:yoshi_10:20170716121805j:plain

f:id:yoshi_10:20170716121806j:plain

f:id:yoshi_10:20170716122028j:plain

f:id:yoshi_10:20170716122205j:plain

f:id:yoshi_10:20170716122207j:plain

 

蝶々深山は開けたところで、座るのにちょうどよい岩が多い場所です。

深夜に車移動からここまでエネルギー補給が十分にできていませんでしたので

小休憩をとりました。

f:id:yoshi_10:20170716122405j:plain

f:id:yoshi_10:20170716122521j:plain

 

山頂が平べったいのは、蓼科山でしょうか…?

f:id:yoshi_10:20170716122406j:plain

 

ここから八島ヶ原湿原までは、木道のない整備された登山道です。

ところどころ、かなり滑りやすくなっていて、注意が必要でした。

昨年の8月と比べても、花はかなり少な目。

f:id:yoshi_10:20170716122812j:plain

f:id:yoshi_10:20170716122815j:plain

f:id:yoshi_10:20170716123214j:plain

f:id:yoshi_10:20170716123215j:plain

 

八島ヶ原のつくと、そのまま湿原にいくか、ショートカットで御射山にいくか、

分岐が出てきます。

昨年はショートカットすればよかったと後悔したものの、時期が違えば、

景色も違うはず…ということで、ビジターセンター方向の湿原めぐりへ。

f:id:yoshi_10:20170716123425j:plain

f:id:yoshi_10:20170716123614j:plain

 

木道を歩いていると、車山肩ほどの密度はないものの、ニッコウキスゲの群落が

何ヶ所もありました。

f:id:yoshi_10:20170716123426j:plain

f:id:yoshi_10:20170716123746j:plain

f:id:yoshi_10:20170716123904j:plain

f:id:yoshi_10:20170716123905j:plain

f:id:yoshi_10:20170716123906j:plain

 

ほかにも花が多く、1ヵ月でも時期が異なると、景色もずいぶん変わるものですね。

f:id:yoshi_10:20170716123907j:plain

f:id:yoshi_10:20170716124207j:plain

f:id:yoshi_10:20170716124410j:plain

f:id:yoshi_10:20170716124511j:plain

f:id:yoshi_10:20170716124512j:plain

 

ビジターセンターの駐車場と御射山方面の分岐に着きました。

霧の駅は御射山方面です。

f:id:yoshi_10:20170716124831j:plain

 

ここから御射山方面は、ニッコウキスゲがかなり少なくなります。

花もやや少な目という印象。

f:id:yoshi_10:20170716124958j:plain

f:id:yoshi_10:20170716125050j:plain

f:id:yoshi_10:20170716125215j:plain

 

御射山ヒュッテを通り過ぎ、沢渡まできたら、車山肩ではなく、園地方面へ。

ここはあまり情報がなく、ここまでと同じような整備された歩道かと思って

いたのですが…想定外に夏の低山の趣。

すべりやすい大小の岩・踏み跡はしっかりしていても背丈ほどある笹藪の中、

アップダウンを繰り返し、途中からはかなりの急登を歩くことに…

写真を残していないくらい、精神的に余裕がなかった…

ここを歩くなら、登山靴がないときついという印象でした。

 

f:id:yoshi_10:20170716125356j:plain

 

急登を歩き終えると、朝に歩いたような草地の園地へ。

ようやく歩きやすい歩道になります。

ゴール地点の霧の駅は、駐車場がかなり埋まっている様子。

f:id:yoshi_10:20170716125357j:plain

 

ゴール後、空腹が強かったので、そのまま霧の駅で食事をしましたが、イマイチ。

余裕があるなら、食事は別のところを探したほうがいいと思います。

 

ニッコウキスゲは初めて見ることができました。

開花の期間は短く、私の場合は、群生地が近くにないので、休日や天気など

いくつかのタイミングに恵まれないと、なかなか見に行くことができません。

今回はよいタイミングをつかめて、本当によかった…

 

ただ、このところ、しっかりと山を登るようなコースに行っていません。

次は「登山」という感じのコースを登ろうと計画中です。

 

八丁池(天城)

昨夏・昨冬に続き、3回目ですが、再び天城八丁池に行ってきました。

昨夏は7月初旬でツツジを見ることができましたが、今回はどうだろう。

アマギツツジが開花が遅いらしいので、楽しみにしていましたが…

f:id:yoshi_10:20170624223107j:plain

 

いつも通り、水生地下の駐車場からスタートし、新天城トンネル横から

上り御幸歩道入り口のある旧天城トンネルに向かいます。

f:id:yoshi_10:20170624220236j:plain

f:id:yoshi_10:20170624220237j:plain

 

毎度のことながら、ここの登りは結構傾斜がきつく、このところ体力が落ち込み

気味だったので、想定以上に息が絶え絶えとなりました。

旧天城トンネルには東屋があるので、息が整うまで座り込むことに…

上り御幸歩道で、一番傾斜がきつく、力が必要になるのが、

新天城トンネル・旧天城トンネル・天城峠区間だと思います。

 

息を整え、登山道に入ると、やはり緑が美しい時期になっていました。

冬枯れした明るい雰囲気もよいですが、爽やかな緑の時期もいいですね。

f:id:yoshi_10:20170624220605j:plain

f:id:yoshi_10:20170624220607j:plain

 

天城峠までは無理せずに小休止をとりながら、登りきりましたが、

天城峠からの行程は、山腹に切られたほぼ水平な道が多くなります。

個人的には、そういうルートは好きなほうです。

f:id:yoshi_10:20170624221351j:plain

f:id:yoshi_10:20170624221742j:plain

f:id:yoshi_10:20170624222205j:plain

f:id:yoshi_10:20170624222714j:plain

 

ただ、尾根を歩かない分、眺望は望めません。

時々、向こう側の伊豆山稜線と思われる山々が見られるくらいです。

見通しの良い稜線歩きが好きな方には、向かないコースだと思います。

f:id:yoshi_10:20170624221052j:plain

 

楽しみにしていたツツジはというと…さっぱりでした。

日当たりのいい数ヶ所で、つぼみは見られたのですが…

f:id:yoshi_10:20170624222204j:plain

 

登山道は樹林の中なので、花はほとんど見られないと思います。

ただ、木々が切れたところから見える山腹には、ところどころ白い花が。

少し登山道から外れたところで、間近に見られたのが、これでした。

f:id:yoshi_10:20170624221743j:plain

f:id:yoshi_10:20170624222202j:plain

f:id:yoshi_10:20170624222203j:plain

何の花でしょうか?天城甘茶??

色々調べてみたのですが、確信は得られず。

 

緩やかに高度を上げてきたので、空が近く感じられることにようやく気付きます。

梅雨どきでしたが、湿気は強くなく、爽やかな空と風を感じられました。

f:id:yoshi_10:20170624222716j:plain

 

八丁池までゆっくり歩いて3時間を見込んでいましたが、2時間半ほどで到着。

展望台からの景色は、雲が多めでイマイチでした。

時期が時期なので、仕方ないことですが。

それでも八丁池はよく見えました。

冬と比べ緑が多く、雰囲気もずいぶん異なっていました。

(2017/6/24の八丁池)

f:id:yoshi_10:20170624223107j:plain

(2016/12/10の八丁池)

f:id:yoshi_10:20161211125706j:plain

 

今回は八丁池に着いてからも晴天が続き、ゆっくり休憩を取れました。

昨夏は濃い霧、昨冬は池に着いてから一気に曇天…だったので、

陽ざしのある池のほとりで休憩できたのは、初めてでした。

f:id:yoshi_10:20170624223108j:plain

 

復路はブナの巨木のあるという八丁池歩道を経由するつもりだったのですが…

天城縦走路から分岐するような記載の地図を見て、縦走路に分岐があると思い込み、

誤ったルートに入ってしまいました。

10分ほど歩いても分岐がないのを不審に思い、引き返すと…池から出たすぐの所に

分岐の標識がありました。

地図だけ見ると、縦走路を歩くように見えたのですが…思い込みは恐ろしい。

 

細く暗い道を登り返す雰囲気の道だったこと、ルート見落としで気持ちも

折れていたことから、当初計画を中止し、過去に使ったことのあるルートから

帰ることにしました。

余計なタイムロスもあったので、安全策をとりました。

 

今度は紅葉の時期に天城縦走路を踏破してみたいです。

城ヶ崎自然研究路(伊東)

ピクニカルコースを歩いた翌日は、自然研究路を歩きました。

前日と同じく、リアス式海岸の海沿いを歩くコースです。

ピクニカルコースが観光地の遊歩道という感じでしたので、

この日は靴以外は完全に観光仕様。

ジーパンにコットンのシャツ。

気軽な散歩のつもりでスタートしました。

 

いがいが根の駐車場に車をとめましたが、ここは無料でした。

城ヶ崎で無料の駐車場は珍しいようです。

どうやら磯釣りの方が多く、ハイキングをしそうな人が見当たらない…

駐車場から海側に道が出ています。

f:id:yoshi_10:20170528211417j:plain

f:id:yoshi_10:20170528211418j:plain

 

すこしだけ登りがありますが、昨日と同じくきれいな歩道です。

ここを抜けると…

f:id:yoshi_10:20170528211917j:plain

f:id:yoshi_10:20170528211918j:plain

眼前には、広く開けた海の景色。

相変わらず、ゴツゴツとした岩場です。

浸食の進んだ場所なのか、岩場の一部はこんな感じです。

打ち寄せる波の音も大きく、迫力があります。

f:id:yoshi_10:20170528211919j:plain

 

ここから橋立・八幡野漁港方向に歩いていきます。

橋立には吊り橋もあるようですが、そこまで歩くと往復で3時間近くかかりそう。

1時間くらいで折り返す予定で、先に進みます。

 

少し歩いたところで、気が付いたのですが…

足元に木の根や岩が目立ち、ピクニカルコースとは明らかに違う歩道でした。

海側も樹木が多く、歩道脇は草もとても多い。

これって普通の里山歩きなのでは…?

f:id:yoshi_10:20170528211920j:plain

f:id:yoshi_10:20170528212127j:plain

f:id:yoshi_10:20170528212128j:plain

 

山と異なるのは、海岸沿いなので、標高差はありません。

ただし、崖の高いところと海抜ゼロ付近までの、細かいアップダウンの繰り返し。

明らかにジーパンは失敗…足の上げ下げがつらい。

樹林に遮られ、風もあまり入らず、汗もかきます。

コットンシャツも失敗…

靴はMont-bellのクラッグステッパーだったので、足元には不安はありませんでした。

靴底も固めで、木の根や石を踏み続ける道でしたが、気にせずに歩けました。

 

ところどころ、樹林の切れ目では、海を見ることができました。

ただ、いささか単調であったことは否めません。

f:id:yoshi_10:20170528212129j:plain

f:id:yoshi_10:20170528212130j:plain

f:id:yoshi_10:20170528212504j:plain

f:id:yoshi_10:20170528212505j:plain

f:id:yoshi_10:20170528212506j:plain

 

よく見ると、遠くの岩の上に鳥が見えたので、コンデジで最大までズーム。

思ったよりもきれいに取れていてビックリ。

f:id:yoshi_10:20170528213149j:plain

 

ちらほら花もありましたが、群生してはいないのが残念といえば残念。

f:id:yoshi_10:20170528213257j:plain

f:id:yoshi_10:20170528213258j:plain

 

このコース、日曜の10時ころから約2時間、誰一人にも出会わず。

よほどの物好きでなければ歩かないのかも…

ただ、荒れた部分はまったくなかったので、タイミングの問題なのか…

 

自然研究という名称ですので、リアス式海岸や城ヶ崎の植生などを

ゆっくり観察するには、よいコースなのかもしれません。

海沿いですので、湿気は強めですし、初夏から晩夏までは快適とは

いかないとは思います。

 

今回は橋立の吊り橋まで行けなかったので、次に来るときは、橋立側から

歩いてみたいところです。

 

城ヶ崎ピクニカルコース(伊東)

心身のリフレッシュをしたくなり、伊豆高原へ温泉旅行に行ってきました。

ついでに、天城山に行こうかと思っていたのですが…

このところの激務であまり気持ちが乗らず、より近場の城ヶ崎海岸に変更。

天城のシャクナゲは当たり年らしいのですが、今季は諦めました。

 

城ヶ崎海岸は、大室山などの溶岩が海岸まで流れ、冷やされて作られた土壌で、

それが波に浸食されてリアス式海岸になったのだとか。

高級魚の取れる海ですので、海岸とその近隣の樹林は保護されていて、

海岸沿いにハイキングコースが整備されています。

 

まず初日はピクニカルコースの一部を歩きました。

門脇灯台から富戸付近までの行程を往復です。

門脇岬にある灯台は、あまり大きくないので、景色はイマイチ。

むしろ、灯台より海側の岸壁のほうに行ったほうが、より迫力のある景色を

見ることができます。

f:id:yoshi_10:20170528204155j:plain

f:id:yoshi_10:20170528204153j:plain

f:id:yoshi_10:20170528204154j:plain

f:id:yoshi_10:20170528204152j:plain

観光客が多く、人が入らないように撮影するのに苦労しました。

観光客は日本人より外国の方のほうが多い印象でした。

 

灯台はこんな感じで、小さいものです。(下の写真の真ん中あたり)

f:id:yoshi_10:20170528204156j:plain

 

灯台から富戸方向に歩いていくと、すぐに吊り橋があります。

この日はやや風が強く、はっきりわかるくらい揺れていました。

頑丈なつくりなので怖くないですが、下をのぞき込むと少しひんやりします。

f:id:yoshi_10:20170528204529j:plain

f:id:yoshi_10:20170528204530j:plain

 

ピクニカル…という名称どおり、歩道は実にきれいに整備されています。

でこぼこもなく、アップダウンもきつくありません。

観光地のファッション+スニーカーで十分。

f:id:yoshi_10:20170528204531j:plain

f:id:yoshi_10:20170528204532j:plain

f:id:yoshi_10:20170528204533j:plain

f:id:yoshi_10:20170528204850j:plain

 

低めの樹木の樹林帯を歩く感じですが、海側は樹木の切れるところも多く、

潮の香りも感じられるコースです。

波の浸食で削られた海岸がよく見渡せました。

f:id:yoshi_10:20170528204851j:plain

f:id:yoshi_10:20170528204852j:plain

f:id:yoshi_10:20170528204853j:plain

f:id:yoshi_10:20170528205125j:plain

 

伊豆ですので、かつては黒船が来ていたわけです。

黒船を迎え撃つための砲台跡もあります。

砲は昔のものではなく、台座のほうが昔の遺物なのだと思いますが。

f:id:yoshi_10:20170528205126j:plain

 

魚見小屋というものもありました。

昔、ボラなどの魚群を見つけるために使っていたようです。

f:id:yoshi_10:20170528205127j:plain

 

ボラ漁が盛んだったころの納屋も現存しています。

今は食事処として利用されています。

今回は時間が昼を大きく回っていたので、立ち寄りませんでしたが、

雰囲気はよい感じです。

f:id:yoshi_10:20170528205128j:plain

 

灯台から魚見小屋までの往復で約1時間くらいの歩きです。

普段から歩き慣れていない方は、もう少し苦労するかもしれません。

景色もずっと代り映えしませんし、観光の方は灯台・吊り橋で帰るようでした。

ただ、門脇灯台の駐車場は思ったより高かった…(約1時間で500円)

 

翌日は自然研究路を歩きましたが、これは後日アップします。

 

天園ハイキングコース(建長寺・瑞泉寺)

ゴールデンウィーク後半の中日、天気予報では快晴ではなさそうでしたが、

朝、目が覚めてみると明るい陽射しが…

これならば気持ち良いハイキングができそうと思い、鎌倉に行ってきました。

天園ハイキングコースは、ほぼ一年ぶり。

昨年は明月院のあじさい見物がてらに明月谷からでした.

今回はオーソドックスに建長寺スタートで、瑞泉寺も見ていくことにしました。

 

瑞泉寺の庭からの一風景)

f:id:yoshi_10:20170505203724j:plain

 

建長寺はハイキング目的だと通り道ではありますが、広い敷地と立派な建物で

見どころが多い印象です。

この時期は花があまりないので、別の時期ならもっと楽しめるのかもしれません。

f:id:yoshi_10:20170505203659j:plain

f:id:yoshi_10:20170505203700j:plain

f:id:yoshi_10:20170505203706j:plain

f:id:yoshi_10:20170505203703j:plain

f:id:yoshi_10:20170505203701j:plain

f:id:yoshi_10:20170505203705j:plain

 

 半僧坊・勝正献への階段は、このコースで一番の登りかもしれません。

とはいえ、いかにもハイキング…という服装の方は、すいすい登っていきます。

望外の好天ということもあって、展望は素晴らしかったです。

f:id:yoshi_10:20170505203707j:plain

f:id:yoshi_10:20170505203708j:plain

f:id:yoshi_10:20170505203709j:plain

f:id:yoshi_10:20170505203710j:plain

 

展望台からはいよいよ山に入ります。

陽射しが強く初夏のようでしたが、ほぼ樹林帯なので、心地よく歩けます。

このところ雨も降っていないので、足元もよい状態でした。

f:id:yoshi_10:20170505203711j:plain

f:id:yoshi_10:20170505203712j:plain

f:id:yoshi_10:20170505203713j:plain

 

ただし、ゴールデンウィークということで、人がとても多かったです。

たびたび渋滞になり、思うように先に進めません。

先を急ぐ事情もなかったので、私は追い抜きをあまりしませんでしたが…

明らかにイライラと後ろから駆け抜けていく人もいて、時折ヒヤっとしました。

どこの山も、連休中はそういう状況なのかもしれませんが、低山でピリピリと

するのは嫌なものです…

 

ハイキングコースから下りたら、予定通り瑞泉寺へ。

こちらは紅葉の時期がおすすめのようで、やはり時期違いだったかもしれません。

それでも、緑の多い木陰の敷地内は爽やかでした。

f:id:yoshi_10:20170505203717j:plain

f:id:yoshi_10:20170505203718j:plain

f:id:yoshi_10:20170505203719j:plain

f:id:yoshi_10:20170505203720j:plain

 

こちらのお寺は関係者以外立ち入り禁止が多く、順路どおりに見て歩くのみです。

ところどころ花もありましたが、やはり秋にも来てみたいですね。

f:id:yoshi_10:20170505203721j:plain

f:id:yoshi_10:20170505203722j:plain

f:id:yoshi_10:20170505203723j:plain

f:id:yoshi_10:20170505203724j:plain

 

瑞泉寺から歩いて鎌倉駅まで移動ですが、道すがら、どこかで昼食を…と思い、

色々と探したのですが、どこも人でいっぱいでした。

通りを見物するだけと思い、小町通りに行きましたが、こちらは前に進むのも

一苦労の大混雑…

 

連休でないと、なかなか出かけられない反面、どこも大混雑なので、困って

しまいますね。

社会全体で、もっと休みを自由なタイミングで取れるようにならないと、

どうにもならないことだとは思いますが。

 

まだしばらくは、南関東・伊豆の山は花の季節のようです。

檜洞丸・天城山・長者ヶ岳など、いくつか行ってみたい山があります。

大混乱中の職場ですので、おそらく思うように土曜も休めません。

どれか一つでも行ければ御の字ですが、しっかり計画は立てておこうと思います。