読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低山を歩いています

低山登山・トレッキングのブログです。

湯坂路

登山・ハイキング

箱根が紅葉の終盤に差し掛かっているようで、今回は箱根に。

初夏に登って以来の湯坂路を再訪しました。

f:id:yoshi_10:20161120192035j:plain

 

コース自体は緩やかな傾斜が多く、時間も3時間くらい。

日曜に歩くなら、翌日のことを考えると、少し楽をしたい。

ここはちょうどよいコースだと思います。 

※赤土が靴につくので、洗うのが面倒…という難点はありますが。

 

f:id:yoshi_10:20161120191400j:plain

箱根湯本駅から歩いて10分くらいで、登山口に着きます。

歩道の狭い車道を歩く必要があるので、後ろからくる車に注意が必要です。

登山口の向かいには、さっそく色づいた木々がありました。

f:id:yoshi_10:20161120191401j:plain

 

登山口から、しばらくは薄暗い樹林帯を歩きます。

道は石段になっていたり、土になったり、石が転がっていたり…

前日の雨の影響もあって、石畳の部分は滑ります。

慎重に足の置き場所を決めて歩きます。

f:id:yoshi_10:20161120191402j:plain

f:id:yoshi_10:20161120191403j:plain

f:id:yoshi_10:20161120191404j:plain

f:id:yoshi_10:20161120191405j:plain

f:id:yoshi_10:20161120191409j:plain

 

左右の樹林は切れることがないですが、上には爽やかな青空が。

ところどころ、色づいた木々も見ることができました。

黄色く色づくものがほとんどで、赤いものはあまり見かけません。

f:id:yoshi_10:20161120191411j:plain

f:id:yoshi_10:20161120191406j:plain

f:id:yoshi_10:20161120191408j:plain

f:id:yoshi_10:20161120191407j:plain

 

やや急な登りを終えると、緩やかな登山道になります。

常緑樹が多い樹林帯です。

初夏は暑かった記憶が強いですが、今日は爽やかに歩けました。

f:id:yoshi_10:20161120191412j:plain

f:id:yoshi_10:20161120191413j:plain

f:id:yoshi_10:20161120191414j:plain

徐々に道幅が狭くなります。

ぬかるみも多く、よく滑る…1日を通じて転ばなかったのは幸いでした。

 

やがて、明るい尾根道に入ります。

このあたりから日当たりのいい場所で、色づきのいい木々が出てきます。

f:id:yoshi_10:20161120194041j:plain

f:id:yoshi_10:20161120194042j:plain

 

f:id:yoshi_10:20161120194043j:plain

 

f:id:yoshi_10:20161120194044j:plain

f:id:yoshi_10:20161120194045j:plain

鮮やかに赤く色づいています。

樹林全体を見ると、緑のほうが多い印象です。

日当たりのよい高い場所から色づいている感じです。

f:id:yoshi_10:20161120194047j:plain

f:id:yoshi_10:20161120194046j:plain

 紅葉を見つけては、しばし見入るので、登頂速度が上がりません。

後ろから来る人たちに、何度も追い抜かれました。

f:id:yoshi_10:20161120194048j:plain

 

f:id:yoshi_10:20161120194049j:plain

f:id:yoshi_10:20161120194050j:plain

f:id:yoshi_10:20161120194051j:plain

f:id:yoshi_10:20161120194052j:plain

 

大平台分岐が近づいてくると、ススキが目立ってきます。

ススキも最終盤という感じでした。

色づく木々とススキという組み合わせも楽しめます。

f:id:yoshi_10:20161120200748j:plain

f:id:yoshi_10:20161120200749j:plain

 

f:id:yoshi_10:20161120200750j:plain

f:id:yoshi_10:20161120200751j:plain

 

浅間山の山頂に着いた頃には、かなり暖かくなっていました。

山頂から見える箱根山?神山?には、もくもくした雲が…

晩秋とは思えない空模様・気温でした。

f:id:yoshi_10:20161120200752j:plain

 

前回はここから鷹巣山に向かいましたが、今回はまっすぐ千条の滝へ。

再び樹林帯で、日当たりもよくないせいか、かなりぬかるみが多めでした。

f:id:yoshi_10:20161120200753j:plain

f:id:yoshi_10:20161120200754j:plain

f:id:yoshi_10:20161120200755j:plain

 

ところどころ、色づくものが見えます。

日当たりのいい部分が色づき、それより低い位置の葉は緑という感じ。

赤・黄・緑のコントラストもいいですね。

f:id:yoshi_10:20161120200756j:plain

f:id:yoshi_10:20161120200757j:plain

 

千条の滝へ到着。

ここはカメラを構えた人が多くいました。

箱根の紅葉とあわせ、写真を撮りに来ているような感じでした。

f:id:yoshi_10:20161120200758j:plain

f:id:yoshi_10:20161120200759j:plain

 

千条の滝から小涌谷駅に向かう道すがら、山全体を見ると…

落葉もかなり進んでいるようです。

f:id:yoshi_10:20161120200800j:plain

 

ほぼ無風という天気でしたが、落葉の乾いた音がずっと聞こえていました。

箱根の山も、そろそろ冬支度というところなのかもしれません。

 

帰りは箱根登山鉄道小涌谷から箱根湯本に向かいましたが…

反対方向の強羅行きは、東京近郊のラッシュ時のような満員ぶりでした。

箱根湯本駅では、箱根湯本着から強羅行きへの直接乗換が中止で、

一旦、駅の外から行列に並んで、強羅行きに乗換になっていました。

日曜の13時過ぎでそんな状況でしたから、土曜はもっと混んでいたのかも。

23日の祝日や今週末も、かなり混雑するのかもしれません。

 

噴火活動で箱根も一時期は人が減ったと聞きましたが、

今では元のにぎわいに戻ってきたのでしょうか。

今度は温泉宿に泊まりに来たいものです。