読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低山を歩いています

低山登山・トレッキングのブログです。

霧ヶ峰ハイキング(車山湿原・八島ヶ原湿原周回)

登山・ハイキング 風景写真

左ひざの痛みも治まり、近所のウォーキングを再開しても、再発なし…

ということで、久しぶりに山に行きました。

ただ、登山中に再発すると怖いので、今回はハイキング。

標高の高いところなら、この時期でも酷暑ではないだろうと思い、

霧ヶ峰に行ってきました。

 

川崎からだと車で約3時間30分。

盆休みの渋滞を考えると、5時までに八王子を抜けたいので、

4時出発~7時過ぎに車山肩駐車場着の計画でした。

相模湖で小さな渋滞にはまりましたが、何とか計画通り到着。

到着は7時20分でしたが、車山肩駐車場は5割くらい埋まってました。

霧が濃いものの、予報ではそろそろ晴れてくるはず。

空にわずか青い部分も見え始め、トイレを済ませ駐車場に戻ると

すでに8割くらい埋まっていました。

8時前には満車になっていたかもしれません。

 

7時45分に歩き始め、車山湿原の入り口に。

休憩所のチャプリンの裏手に道標があります。

f:id:yoshi_10:20160814113132j:plain

車山方面に向かうと、山頂に向けた道が見えます。

しかし、かなり霧が濃い様子。

元々ハイキングのつもりなので、登りはしませんが。

f:id:yoshi_10:20160814113109j:plain

霧が濃くて、遠景が見えない…

f:id:yoshi_10:20160814113044j:plain

バイオトイレから車山方面に少し進み、コロボックルヒュッテの裏手に

車山湿原への道があります。

蝶々深山・物見石を経由する場合は、こちらからになります。

f:id:yoshi_10:20160814113141j:plain

道は細く、小石が多め。

ただ、8時前だと、あまり人がいません。

すれ違う人もなく、歩くのは難しくありませんでした。

少しずつ太陽も見え始め。霧と陽光と雄大な景色が幻想的。

f:id:yoshi_10:20160814113001j:plain

f:id:yoshi_10:20160814113142j:plain

f:id:yoshi_10:20160814113144j:plain

雲が急速に消え始め、日差しが優勢になってきました。

f:id:yoshi_10:20160814113145j:plain

f:id:yoshi_10:20160814113146j:plain

途中から木道に変わります。

白樺湖・蝶々深山の分岐まで、木道と土の道が入れ替わりに出てきます。

f:id:yoshi_10:20160814113147j:plain

正面に見えるピークが蝶々深山。

一直線に道が続いています。

f:id:yoshi_10:20160814113148j:plain

f:id:yoshi_10:20160814113149j:plain

ゆるい傾斜を登って、蝶々深山へ。

斜面に一部には、花の小さな群生がありました。

f:id:yoshi_10:20160814113525j:plain

f:id:yoshi_10:20160814113526j:plain

 ほぼ疲労なしで蝶々深山に到達。

高度感のある眺望ではありませんが、よい景色でした。

雲がなければ、もう少し違った様相かもしれません。

f:id:yoshi_10:20160814121840j:plain

f:id:yoshi_10:20160814121839j:plain

f:id:yoshi_10:20160814121841j:plain

最近の登山で、道中にばててしまうこともあったので、今回はここで小休憩。

コンビニで買っておいたバウムクーヘンをかじり、エネルギーを充填。

10分ほど休んで、出発しました。

蝶々深山から物見石までは、穏やかな道になります。

まさしくハイキングという感じです。

風景はこれまでと同じ様相で、大きな変化はありません。

f:id:yoshi_10:20160814121843j:plain

f:id:yoshi_10:20160814121844j:plain

f:id:yoshi_10:20160814121845j:plain

f:id:yoshi_10:20160814121846j:plain

f:id:yoshi_10:20160814121842j:plain

 物見石に到着。

オブジェのような岩があります。

f:id:yoshi_10:20160814125204j:plain

ここからは少し高度感のある眺望を楽しめました。

f:id:yoshi_10:20160814125206j:plain

f:id:yoshi_10:20160814125207j:plain

f:id:yoshi_10:20160814125205j:plain

奥に広がる湿地帯が八島ヶ原湿原

ここまで降りていくことになります。

道は石の転がる普通の山道でした。

高度を下げるごとに樹木が目立ちはじめ、やがて里山の雰囲気に。

f:id:yoshi_10:20160814125208j:plain

f:id:yoshi_10:20160814125209j:plain

f:id:yoshi_10:20160814125210j:plain

f:id:yoshi_10:20160814125211j:plain

降り切った後、平坦な道をしばらく歩くと、鹿よけの柵にたどり着きます。

八島ヶ原湿原は出入り口が柵になっています。

どこの山地も鹿の食害が目立つようですね…

f:id:yoshi_10:20160814130952j:plain

柵から中に入ると、湿原が見えます。

車山湿原に比べると、もっと平坦で池のような雰囲気です。

f:id:yoshi_10:20160814130953j:plain

f:id:yoshi_10:20160814130954j:plain

 少し進むと、分岐にあたります。

湿原の外周を一周するならビジターセンターへ。

車山へ、より短い距離を進むなら沢渡・御射山へ。

疲れも感じていなかったのでビジターセンター方向に進みましたが、

沢渡方面でも景色は大きく違わないかもしれません。

ただ、コースタイムが外周は1時間・沢渡なら30分で倍くらい違います。

車山へ帰る場合、健脚でないなら沢渡方向でよいのかも。

f:id:yoshi_10:20160814130955j:plain

八島ヶ原湿原は観光客中心という感じです。

車山湿原側は登山・ハイキングという人が多かった印象。

実際に、八島ヶ原湿原は木道のみで平坦な道だけです。

f:id:yoshi_10:20160814130956j:plain

f:id:yoshi_10:20160814130957j:plain

ただ、8月中旬となると花のシーズンではなかったかもしれません。

草が多く、あまり花には出会えませんでした。

f:id:yoshi_10:20160814130958j:plain

f:id:yoshi_10:20160814130959j:plain

f:id:yoshi_10:20160814131000j:plain

f:id:yoshi_10:20160814131001j:plain

f:id:yoshi_10:20160814131003j:plain

あと、木道がかなり傷んでいます。

積雪時にダメージを受けてしまうのだとか。

写真を撮りながら歩くと、おそらく落ちます。

足元に注意が必要です。

f:id:yoshi_10:20160814131002j:plain

外周を一周すると、御射山ヒュッテへ。

喫茶をやっているようでしたが、今回は先に進ました。

f:id:yoshi_10:20160814131004j:plain

ここから、道がわかりにくくなります。

御射山ヒュッテを過ぎると、草地に出ます。

車山方面の道標もありますが、それ以降道標がなく、不安になってきます。

f:id:yoshi_10:20160814131005j:plain

未舗装の車道らしい道をしばらく進むと、舗装された道路へ。

そこをさらに進むと、分岐に着きます。

左側は直進でクヌルプヒュッテという案内が。

こちらに進むと、地図では蝶々深山に出るらしいです。

右側に進むと、車山肩という案内があります、

そちらが進むべき道ですが、ここから約1kmはひらすら登りでした。

f:id:yoshi_10:20160814131006j:plain

石の転がる登りの山道で、日差しを遮るものがなく、非常に疲れる…

八島ヶ原で外周コースをとらず、短いほうを歩けばよかった…と後悔。

f:id:yoshi_10:20160814131007j:plain

なんとか車山肩に到着。

右奥に八島ヶ原湿原が見えます。

今回の周回コースは、最後にこれくらい高度を上げなくてはいけません。

最後が登りというのは、考えものですね…

f:id:yoshi_10:20160814131008j:plain

車山湿原の入り口に到着。

前に見えるのがバイオトイレ

奥の山頂に見える丸い物体は車山の気象レーダーだと思います。

11時30分に周回終了で、お昼にちょうどいい時間。

チャプリンでざるそばを食べて、本日のハイキングは終了。

 

・高原といえど、盛夏はやはり暑い。

・日焼けが気にならないなら、半袖で十分かもしれません。

・ただ、早朝や霧の出ているうちは涼しいので、長袖でよい気もします。

・車山湿原は、より山の雰囲気です。こちらはスニーカーが必要。

八島ヶ原湿原は観光地です。半袖・短パン・サンダルでも十分。

・車山→蝶々深山→物見石→八島ヶ原→車山の周回は、最後の登りに注意。

・コースの組み合わせが多いので、自分に合ったコースを。

・ヴィーナスラインはサイクリングの方も多いです。

 車を使う方は、自転車を追い抜く対向車線の車に要注意。

 

コースタイム

車山肩 発            7:45

蝶々深山 着        8:45

物見石 着         9:15

八島ヶ原湿原 着 9:55

御射山 着          10:50

車山肩 着          11:30

 

最後に花の写真。

 

f:id:yoshi_10:20160814135257j:plain

 f:id:yoshi_10:20160814135256j:plain

 

f:id:yoshi_10:20160814135258j:plain

 

f:id:yoshi_10:20160814135259j:plain

 

f:id:yoshi_10:20160814135300j:plain

 

f:id:yoshi_10:20160814135301j:plain

 

f:id:yoshi_10:20160814135302j:plain

 

f:id:yoshi_10:20160814135303j:plain

f:id:yoshi_10:20160814135305j:plain

f:id:yoshi_10:20160814135304j:plain

f:id:yoshi_10:20160814135306j:plain

f:id:yoshi_10:20160814135307j:plain

f:id:yoshi_10:20160814135308j:plain

f:id:yoshi_10:20160814135309j:plain