読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低山を歩いています

低山登山・トレッキングのブログです。

明月院・天園ハイキングコース(鎌倉)

登山・ハイキング

梅雨入り後の週末だったのですが、思わぬ好天に恵まれました。

ちょうど明月院のあじさいが見ごろらしいので、行ってみることに。

また明月院の近くから天園ハイキングコースにも行ってみました。

 

明月院の開門は、あじさいのシーズンは8時30分。

ただ、シーズンであれば混むだろう…ということで8時着となるよう出発。

北鎌倉駅で降りたのですが、同じ目的の方が目立ち、少し焦る…

予定通り、8時に明月院付近まで来ましたが、その時点で行列100m。

やはり、考えることは皆同じです。

ただ、開門すると、待たされることなく、すんなり中に入れました。

いったん入れば、中はわりと自由に歩くことができました。

f:id:yoshi_10:20160611162927j:plain

ここのあじさいは、濃く鮮やかな青で、明月院ブルーというらしいですね。

ところどころ、紫のあじさいも見られます。

f:id:yoshi_10:20160611162915j:plain

 

f:id:yoshi_10:20160611162903j:plain

f:id:yoshi_10:20160611162852j:plain後庭園も拝観できるようだったので、行ってみました。

花菖蒲は一番いい時期を少し過ぎていたようで、花に力がありませんでした。

それでも綺麗な花を咲かせていました。

f:id:yoshi_10:20160611163332j:plain

f:id:yoshi_10:20160611163320j:plain

人が多いので、写真を撮るのに苦労します。

朝イチでこれなので、昼などはかなり混雑するのでしょうね。

(それでも、長谷寺よりはマシな状況のようでした。)

f:id:yoshi_10:20160611162841j:plain

有名な円形の窓。

これは後庭園の側から撮ったものです。

逆側は写真撮影の列がすごいことになっていました…

 

そんなに広い寺社ではなく、30分で拝観を終え、ハイキングコースへ。

天園ハイキングコースは建長寺から入るのが一般的のようです。

ただ、明月院から少し離れたところにも登山口がありました。

明月院前の狭い公道を少し歩くと、右側に上る急坂に標識があります。

そこを少しいくと、一見、わかりにくい登山口が見つかります。

f:id:yoshi_10:20160611163801j:plain

ただ、この登り口はメジャーではないようで、登山道わきの草がはみ出ていました。

虫もかなり多く、そばの学校からは部活動の声も聞こえます。

あまり良いルートではないかも…

それでもしばらく我慢すれば、歩きやすい道に出てきます。

f:id:yoshi_10:20160611163749j:plain

道自体は整備されているので、歩きにくさはありません。

ハイカーよりトレイルランナーのほうが多い印象で、わりとなだらかです。

数か所では、鎌倉を見渡せる眺望もありました。

f:id:yoshi_10:20160611163738j:plain

大きな岩もあったり。

f:id:yoshi_10:20160611163726j:plain

弁当を広げられそうな草地もありましたが、今回はパス。

f:id:yoshi_10:20160611163714j:plain

途中でゴルフ場の横を通りましたが、そこに公衆トイレもあります。

水場はありませんが、簡単に歩けるコースだと思いました。

実際、近隣ご住まいと思しき人は登山用具なんて装備していませんから…

ただ、足元には埋まった石が多く、かなり滑りやすいところもありました。

何度か、ズルッとなったこともあり、注意が必要と思います。

 

今回は休憩をとらず、給水で何度か立ち止まるだけで歩き通し。

それでも、2時間ほどで、さほど疲れずにゴールできました。

明月谷登り口  9:00

瑞泉寺登り口 11:00

 

瑞泉寺には寄らず、帰路につきましたが、その途中にもあじさいが。

f:id:yoshi_10:20160611164326j:plain

f:id:yoshi_10:20160611164309j:plain

f:id:yoshi_10:20160611164254j:plain

 

鶴岡天満宮に立ち寄って、鎌倉駅まで歩きました。

鎌倉駅到着は11:45。

ハイキングコースより、こっちのほうが疲れました。

 

なお、鎌倉駅は大混雑。

駅内アナウンスでは、こんな案内が…

「江の島電鉄は、混雑のため、乗車まで20分待ち」

長谷寺は、混雑のため、入場制限中」

 

この時期の鎌倉は、朝イチで行きたいところに到着…が必須かもしれません。