読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

低山を歩いています

低山登山・トレッキングのブログです。

湯坂路・浅間山・鷹巣山・千条の滝(箱根)

いよいよ梅雨入りのようですが、今日は良い天気でした。

以前より箱根のハイキングコースに行こうと思っていたので、

湯坂路・浅間山に行ってきました。

 

駐車場があまり無さそうだったので、今回は電車を利用。

箱根湯本から登り、浅間山鷹巣山・千条の滝と経由して

小涌谷から帰るルートです。

f:id:yoshi_10:20160604211039j:plain

 

ガイドブックでは、小涌谷から浅間山を通過して箱根湯本というルートでしたが、

私はそれとは逆方向で歩くことにしました。

この場合、ルートの大部分が登りになるわけですが…

 

スタートから湯坂城跡まで、わりと傾斜もあって、道もそれなりに険しい感じでした。

ちなみに湯坂城跡ですが、看板こそありましたが、特に何もなかったです。

特に城という感じはなく、大きな岩があるのは城の名残…?というくらいです。

f:id:yoshi_10:20160604212120j:plain

花の時期も過ぎていたようで、山の中をひたすら登り続けるという感じでした。

何度も息が上がって、そのたびに小休憩を取っていたので、ガイドのコースタイムより

遅れ気味の道中。

ただ、他のハイカーが少なかったので、ゆっくりと歩くことができました。

f:id:yoshi_10:20160604212121j:plain

浅間山の山頂は約800メートルのようですが、そこまで平坦な部分は少なく、

もちろん下りも少なく、本当に登っている…という実感が強かったです。

道ははっきりしていて、道迷いはないのですが、やはり登りが続くのはしんどい。

 

それでも何とか山頂まで登り切り、そこで休憩を取りました。

どのガイドブックにも掲載されていますが、広い草地がありました。

そこで昼食休憩。

11時30分から20分ほど休み、気力・体力を回復させました。

なお、山頂も眺望はありません。

f:id:yoshi_10:20160604212122j:plain

実はこの30分くらい前から、急に冷たく強い風が吹き始めました。

汗が冷えること、冷えること…

ウィンドブレーカーを持ってくるべきだったと反省。

 

ここから鷹巣山に登ったわけですが、結構な傾斜でした。

しかも、鷹巣山山頂は狭い上に、団体ご一行が昼食中で、満員御礼。

眺望もないとくれば、特にとどまる理由もなく、すぐに引き返すことに。

鷹巣山と浅間山の中間にある分岐から、千条の滝方面に下るルートを取ります。

 

ガイドでは30分くらいで下りるルートのようでしたが、あまり道がよくなく、

石やら根っこやら段差やらあって、結局、50分もかかってしまいました。

ようやく千条の滝へ到達。

f:id:yoshi_10:20160604212123j:plain

そのまま小涌谷駅まで下りて、帰宅の途へ。

 

特に眺望のよいコースではなく、見どころは少ないと思います。

道迷いの心配はなく、私のような初心者には登ったという実感を感じられました。

コース上でちらほら見かけた花には、蝶が蜜を吸いに集まっていたり、自然観察は

できたと思います。

うぐいすなど、鳥の鳴き声を聞きながらの小休憩もよかったですね。

紅葉のシーズンなら、また違った印象があるのかもしれません。

f:id:yoshi_10:20160604212355j:plain

f:id:yoshi_10:20160604212408j:plain

f:id:yoshi_10:20160604212419j:plain

f:id:yoshi_10:20160604212432j:plain

 

箱根湯本登り口 9:30

湯坂城跡    9:50

湯坂山    10:50

大平台分岐  11:20

浅間山    11:30(11:50まで休憩)

鷹巣山    12:10

千条の滝   13:00